上質でおしゃれなルガトの「琉球ブルー」を使ったレザースマホケース|ハンドメイド日記8

ルガトのスマートフォンケース スマートフォンケース

ルガトの「琉球ブルー」を使ったレザースマートフォンケース

今回は、友人へのプレゼントで作った手帳型スマホケースをご紹介します!

ルガトという種類の牛ヌメ革を使いました。

友人からの希望で、「琉球ブルー」という色を入手。
爽やかな青で、光沢があって上質感がありますね。

ルガトとは

ルガトは、ノルウェー産の皮から鞣されたヌメ革で、
ベルギーのタナリーマズール社が生産している革ですね。

同社は1873年、ベルギーで創設された伝統と格式あるタンナー。
トラ目がとても綺麗に出ているのが特徴ですね。

レザーマニアで販売されています。
商品の紹介文にも記載がありますが、結構硬めでした。

牛ヌメ革【各サイズ・5×21cm】ルガト/琉球ブルー(楽天サイト)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

牛ヌメ革【各サイズ・5×21cm】ルガト/琉球ブルー
価格:443円(税込、送料別) (2020/4/3時点)

楽天で購入

色は「琉球ブルー」

 

琉球ブルーのルガト

ルガトの色には、定番の10色の他に「ルガト別注色」があります。
浜松クラフト社が手がけている色で、この革の色は「琉球ブルー」。
他にアザレアピンクやパロットグリーンがあります。

ポイントは2種類の厚さの革

2mmと1.3mmの2種類の厚さの革を入手しました。
写真の上が2mm、下が1.3mmです。

 

ルガト

本体部分は1.3mmを使用しました。
ケースを開いた時に向かって右はソフトケースを縫い付けたのですが、
左側のカード入れ部分は強度を確保するため、2mmの革を使用しました。

硬い革なので、2mmの革を手帳型スマホケースの本体部分に使うのは不向きですね。

 

ルガトの琉球ブルーを使ったスマホケース

糸は水色。
明るい色なのでもっと目立つかと思ったら、意外と琉球ブルーに馴染みましたね。

青い色の革は初めて使いましたが、おしゃれでポップなイメージかと思いきや
緑も少し入っているので大人っぽい印象になりました!

レザークラフトを始めたい方は、こちらの記事をご覧ください。
【自宅で趣味・副業】レザークラフトがおすすめな理由と始め方【初心者向け】

コメント

タイトルとURLをコピーしました